わきが治療で行われている治療法は、根本的に治療するさまざまな外科手術や、A型ボツリヌス毒素を皮下注射するボトックス注射などがよく行われています。
 
これらは西洋医学による治療法ですが、東洋医学からわきがを改善する方法があります。この治療法は漢方薬を使って身体を改善する方法や、わきがに効くツボを刺激して治療する方法です。
 
漢方薬にはわきがや多汗症、異常発汗といった症状に効果がある、防己黄著湯加牡蠣(ぼういおうぎとうかぼれい)、五苓散加牡蠣黄著(ごれいさんかぼれいおおぎ)、白虎湯加減(びゃっことうかげん)などが処方されます。
 
漢方薬を使ったわきが治療は、外科手術やボトックス注射などのように、治療効果に即効性はありませんが、自分の身体たわきがの症状に合わせて調合された漢方薬で、長期間継続的に服用することでわきがのニオイを出しにくい身体に改善していきます。
 
東洋医学ではわきがに効果があるツボを刺激する治療法があります。東洋医学ではわきがは肝経という道の異変で起こると考えられ、この上のツボを刺激することでわきがを改善します。
 
また、、足の親指と人差し指の間にある行間(こうかん)が、わきがの改善に効果があるといわれ、このつぼにお灸をすえるとわきがに効果があります。お灸ができない方には、このつぼを指で赤くなるまで押さえると効果があります。