わきがの不快なニオイを改善する方法は、外科手術で治療する手術療法がありますが、家庭にある身近なものでわきがを改善する方法があります。これは民間療法というもので、ミョウバンやヒネショウガ、米酢といった家庭にあるもので行います。
 
米酢を使ったわきがのニオイを抑える方法は、ただ、脇に米酢を塗るだけの簡単な改善方法です。米酢にはもともと強い殺菌効果がありますので、わきがのケアには米酢をガーゼなどに含ませ、これを脇に塗るだけで4~5時間程度わきのニオイを抑える効果が持続します。
 
また、米酢には強い殺菌効果の他に、わきがの原因となる汗腺を引きしめる効果があります。汗腺が引きしめられると、アポクリン腺から分泌される汗を抑えることができますので、わきがのニオイを抑制する効果があります。
 
米酢の他には梅酢にもわきがのニオイを抑える効果があります。梅酢は水で2倍に薄めてわきに1日3回以上濡れば、わきがのイヤなニオイを抑えて改善することができます。
 
わきがのニオイのケアには家庭にある身近なもので、簡単にケアを行うことができます。この他にもわきがの民間療法はたくさんありますので、わきがのニオイが気になる方は一度試されては如何でしょう。良い効果が得られる方法もたくさんあります。