わきがのイヤなニオイに効果があるものにミョウバンがあります。ミョウバンは薬局などで販売されていて、歴史は古く、古代ローマ時代に質の悪い水の不純物を沈殿させるため使われていました。
 
ミョウバンの用途としては、染色剤や防水剤、消火剤に使われています。また、ミョウバンは消臭効果がありますので、これを使ってわきがのニオイを抑えることができまうす。
 
使い方は、ミョウバンを水に溶かして脇に塗れば、わきがのニオイを抑えることができます。さらにミョウバンの消臭スプレーを作ると使いやすいものになります。
 
作り方は、1.5リットルの水にミョウバンを50gを溶かし、これをさらに10倍に水で薄めて霧吹きなどのスプレーに入れれば、消臭効果があるミョウバンスプレーが出来上がります。
 
ミョウバンは水に溶けにくいものですが、そのまま放置していれば水に溶けて透明なミョウバン水になります。ミョウバンスプレーの作り方で注意することは、ミョウバン水の濃度が濃いと消臭効果はありますが、その代わりにミョウバンのニオイが強くなりますので、ご紹介した分量が適量になります。
 
ミョウバンを使った消臭剤は、製品になったミョウバンスプレーや、消臭効果の高いミョウバン入りの石けんが販売されています。ミョウバンを使った消臭スプレーは、安価にできるわきが対策になります。