わきがは人から人へ移ることはなく、わきがは人が持っている体質なので病気ではありません。このことについて間違った理解をしている方も多いようです。
 
ただ、わきがは体質であるために、親から子供へ遺伝として受け継がれることはあります。親の顔や声、しぐさなどが似るように子供へ遺伝として受け継がれます。遺伝が人へ移ると解釈すれば、人へ移ると考えられますが、感染するとは全く違います。
 
わきがの遺伝につて、わきがは優性遺伝であるために子供に遺伝する確立は、両親のどちらかがわきがである場合は50%の確立で子供に遺伝し、両親がどちらもわきがであれば80%の確立で子供に遺伝します。
 
わきがが起こる要因に、汗腺のアポクリン腺の影響が大きいですが、わきがのニオイに強弱がある理由は、アポクリン腺のお大きさや数に個人差があるからです。このアポクリン腺の大きさや数も親からの遺伝で変わってきます。
 
わきがのニオイが強くなる原因は、アポクリン腺から分泌される汗もありますが、これとわきにある細菌や雑菌が混ざり合うことでニオイを発生しますので、細菌や雑菌の繁殖を抑えればニオイは抑制されます。
 
また、食生活に肉類や乳製品を多く取ると、わきがのニオイが強くなることがありますので、これを控えることもニオイを抑制することになります。
わきが治療で完全にニオイを抑えることができても、わきがの遺伝は子供へ受け継がれます。