看護師わきがと言えばとてもイヤなイメージがあります。わきがは脇の下から起こる不快なニオイで、医学的には「腋臭症(えきしゅうしょう)」「臭汗症(しゅうかんしょう)」といいます。
このわきがは民族性で違いがあり、一般に日本人はわきがは少なく、欧米人や黒色人種に多いと言われます。民族性に違いがある理由は、食文化の違いによる影響が大ききようです。このわきがについてケアの仕方や改善方法についてご紹介します。

わきがのメカニズム

わきがのイヤなニオイが発生するメカニズムは、どのようになっているのでしょうか。
わきがのイヤなニオイは、脇の下の汗が出る汗腺のアポクリン腺から出る汗と、脇の下にある細菌が混ざり合うことでニオイを発生します。わきがのニオイの元になるアポクリン腺は、ほぼ全ての方が持っているものですが、わきがのニオイの強い方とそうでない方の差は、アポクリン腺の数の多さによって左右されます。わきがの発生原因についてご紹介します。

わきがと多汗症

わきがとよく混同して考えられがちな症状に多汗症があります。通常、汗は汗腺のエクリン腺から出ますが、多汗症は汗腺のアポクリン腺からも出る症状のことを言います。たくさん汗をかく方を多汗症とは言わず、強い緊張があるときや急に驚いたときなど、精神性発汗の汗がたくさん出る症状を多汗症と言います。そして、多汗症の方が必ずがわきがであるとは限りません。わきがと多汗症についてご紹介しいます。

わきがの手術法

わきがを根本的に治療するには、外科手術による手術法で治療を行います。ワキガは一時的にクリームなどで抑えても根本的な怪傑にはなりません。ですのでリスクはありますが、ワキガ手術をすることが一番確実だといえます。ワキガ手術 おすすめは、ミラドライで有名な東京プラチナムクリニックや漆瀬らドライで人気の川崎中央クリニックです。

手術法には剪除法、吸引法、超音波などさまざまな治療法があります。これらのどの治療法にも共通することは、わきがのニオイの元となる汗腺のアポクリン腺を除去する治療法になります。またすそわきがの方もこの手術を行う方は多いです。アソコの臭いを消す方法はたくさんありますが、このわきがを根本的に治療する手術法が一番確実かもしれません。

わきがのボトックス治療

わきのニオイが気になるが、強いニオイを放つほど酷くはなく、手術治療を行うほどでもない比較的軽度のわきが治療に、ボトックス治療という治療法があります。ボトックス治療はボツリヌス菌の毒素が神経節に作用する効果を利用して、ボトックスを脇の下に皮下注射し、発汗やニオイを抑える治療法です。症状の軽い方のためのボトックス治療についてご紹介します。


ページの先頭へ